☆クリスマス☆


いよいよ。。。今年もあと1ヶ月となりましたね♪
お店のディスプレイもクリスマスバージョンに変えてみました。

f0195326_16235979.jpg



あんまりごちゃごちゃ飾るのは、好きではないので。。。少しだけ。




近くで見たらこんな感じです。

f0195326_16321526.jpg



ウィンドウも・・・・
f0195326_16403411.jpg

サンタさんがいます!

f0195326_16541376.jpg

サンタさんが懸垂してるみたいでしょ!(笑)
いくつになっても~クリスマスは、わくわくしますよね~♪
その反面、なんだか世の中は、ざわざわしてくるこの季節・・・
気が焦って、ドキドキします。
置いて行かれそうで~あせあせ・・・・

私自身、身体に合わない気がします。ついて行けない。。。(泣)
苦手です。
自分のペースで頑張るしかないんです。。。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

それから、沖縄の友人から『月桃の葉』が送って来ました!
f0195326_17373934.jpg


月桃とは・・・・


熱帯・亜熱帯に自生しているショウガ科ハナミョウガ属の多年生常緑草本。

葉は長さ40~60㎝、
濃緑色で光沢があり、
長楕円数個左右に先端は尖り、
下端は鞘となり茎を包む。


花は夏に、茎頂の下垂する提灯のような大型で総状花序をつける。

花は長さ4㎝くらい、花冠は3裂し、唇弁は大型で舟型、縁にぎざぎざがあり、
黄と紅との条紋がある。


果実は花後に長さ約2㎝で倒卵球形。
これは縦の助条があり、熱すると赤くなって、その一側が縦裂して球型で灰色の種子を露出する。


種子は〈白手〉または〈白手伊豆砂〉といわれる。
〈伊豆砂〉の一種で健胃剤とする。または、ウイスターソース、カレー等の香辛料として使われる。

沖縄では昔から月桃の葉を餅(方言名:ムーチー)の包装材に、種子を漢方に用いてきた。

月桃葉部から得られる精油は防虫剤、防カビ剤、抗菌剤等に使用。

月桃にはこのような有効成分が多く含まれていることが、最近明らかにされつつある。
したがって、月桃の葉部や茎部、根茎部および種子は、香料、色素、防虫、防カビ、防腐あるいはバルブ原料となる有効成分を含み、多様な可能性を秘めた産業資源となり得るものと期待されている。

とあります。

これを使って石けんを作りたいなぁ~って言ったら、本当に送って来ました!
葉を生ごみの近くに置いていたら、ハエなどの虫も近寄らないそうです。

乾燥させて、ハーブティで飲めるらしい♪

お友達って、本当にいいなぁ~♪
ありがとう☆

野生の月桃でシンプル石けんを作ります!
[PR]
by lecoeur25 | 2008-11-26 17:44