期待します!


f0195326_1863597.jpg



今朝のニュースで嬉しいものがあった!

正常な細胞を傷つけず、

全身のがん細胞のみを破壊する治療薬となるウイルスの作製技術を、

鹿児島大大学院医歯学総合研究科の
小戝[こさい]健一郎教授(47)=遺伝子治療・再生医学分野、多良木町出身=らのグループが開発した。治療薬は米国の企業が製造中で、2~3年内に臨床試験の開始を目指す。    
         
詳細は、こちらを →     

今、本当に癌で苦しむ人が増えています。


抗がん剤治療や放射線治療も進んでいますが・・・正常な細胞までも破壊してしまうので

なかなか完治が難しいみたいで・・・苦しい治療に耐えながらも、命を落として行かれるのは、

本当に胸が痛い限りです。

私の父も2002年(平成14年)に癌が見つかり・・・・運良く、現在も再発することなく

元気でいますが・・・こんなニュースを聞くと本当に本当に嬉しくなります。

それも、九州の大学で多良木出身の先生方が開発されているという、誇り。

世界中の人々が元気で幸せに暮らしていける・・・・そんなことを願わずにいられません。

みんな、体も心も健康でいれば・・・争いなどないと思うんだけど。。。

体の健康は、心の健康。

     
[PR]
by lecoeur25 | 2010-06-08 18:09