終わりの日

f0195326_20522521.jpg



秋ですね〜♪

なかなか、ブログの更新も出来なくて
前の日を見たら夏休みの記事…

少しは、まめに更新しなくっちゃと反省。。

今朝は、久々にゆっくり目覚めてハッ!となりました。

なんか、習慣とは恐ろしいものです。(慌てて見たら娘っ子おらず…)

24年間送り迎えをした娘っ子。

やっと、自分で愛車購入で初出勤でした。

習い事、幼稚園、部活、バイト………とまぁよく送り迎えしたものです。
                



これには、訳があります。
私が幼少の頃から親に送り迎えをしてもらったことがなく…

①自分が親になったら子供を送り迎えしたかったということ。
②自分はバイクにも乗っていたにも関わらず、危ないと決めつけていたこと。
③可愛くて仕方ないということ。笑
④夜道は、物騒だということ。起こってからじゃ手遅れ。

娘っ子が小学生の低学年の時にシングルマザーになった私は、
我ながら放任主義(仕事が忙しくて…いたしかたなく)でしたが、
どこかに娘っ子に対して申し訳ない気持ちが強かったのか…

車の中でいろんな話も聞けるし、いいこともいっぱいのコミニュケーションのひとつとして当たり前の日常でした。

しかし、そう...もう成人だしね〜自分で帰って来てよ…とか思うこともしばしば。
息子は早い段階で自立しており、なぜか娘っ子には、しつこいくらい私が喰らいついていたわけです。
自分でなんでも出来るのに私の思い込みです。反省。
女の子だからだと思います。


昨日、恐る恐る娘の運転でお出掛けしました。
ドアのところを握る私に握らんでも…と言われながら...笑  怖かった。

当たり前ですが、運転も立派に出来ました。
そうです!私が勝手に娘っ子を信じてなかったことに気がつきました。

私のミッションは終わりました。

病気やケガをせずに命を守ること。

娘っ子は、24歳。
私が24歳の時は、県外にも自分で運転して出かけ、婚約もしていました。笑

心配のあまり、可愛いいばかりに娘っ子の行動を狭めていました。

でも、もう安心です。

これが本当の意味での成人式だったように感じました。

子育て終わりの日。

これからは、娘っ子、息子を信じて静かに見守りたいと思いました。

彼女は、本当にキラキラした笑顔でした。

もう、ママもやり遂げた感満杯!



ふたりへ

ママにしてくれてありがとう♡



子育てをしていらっしゃるママへ

子育ては、大変です。でも、すべてが笑顔になれる日が必ず来ます。
私も悲しかったり、悔しかったりして泣いた日も苦しんだこともありましたが
思い出すのは、なぜか楽しかったことばかり。

この子をお腹を痛めて死ぬ気で産んで良かったと思う日は必ず来ます。
シングルマザーになった日
この子をしあわせにしようと自分で育てる覚悟を決め、腹を括ったからこそ、
パワーも出て今があります。

必ず来るこの日…

娘は、遅咲きながら私の胸から羽ばたいたんです。



そんな子育て真っ最中のママにむけて
マザーズコーチングスクールを開講いたします。
詳細は後日。。。
                   
[PR]
by lecoeur25 | 2015-10-19 00:00 | 子育て